札幌市の賃貸市場が供給過多により飽和してきており、不動産の空室対策はどの会社でも求められている時代です。

弊社では、空室対策の一環として、また、更なる収益UPに向けてのご提案の一つとして、民泊運営を行っております。

この数年、インバウンド(訪日外国人旅行)の需要が急激に伸びてきており、今後も増加することが見込まれます。

ただし、需要が見込めるという事は、供給も見合うだけ増えていきますので、事業を起こせば簡単に収益が上がるという時代ではありません。

供給が飽和した際にどのような運営方法をしているのかで、生き残っていけるのか否かが決まります。

弊社では、他社が敬遠する手間ひまをかけ、競合物件と差別化のできるおもてなしを基準とした運営を心掛けております。

弊社では民泊の運用だけでは無く、マンスリーでの運用との併用も可能となりますので、

お客様の物件の所在地や物件の仕様などに合わせて、的確なご説明をさせて頂きたいと思います。

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。